PERCHメンバー紹介『株式会社 一兎舎』さん

ph_002
※画像センターにいる、うさ耳の一兎舎マスコットキャラクターは「うさぎ」ちゃん。

 

今回はPERCHの新メンバー、『株式会社 一兎舎(いっとしゃ)』さんをご紹介いたします。

株式会社一兎舎さんは、長野県に根を下ろした出版社・企画会社として、
書籍出版、広報印刷物、販売促進ツール、webサイト制作、イベント企画など
多岐にわたる内容を手がけていらっしゃいます。

株式会社一兎舎 代表の山崎恵理子さんにインタビューしてみました。

——————————————————–
■屋号の由来は?
うさぎ年の私(山崎さん)が一人で会社を始めたところからつけた社名です。
今では社員全員、うさぎのようにピョンピョンっとステップアップしてピッタリなイメージになっています。

■皆さんにひとこと!
創業から10年の若い会社ではございますが、「後世に遺る仕事」をコンセプトに、どのような業務においても、かたちと心が一体となった「本質」を実感できるような成果物の納品に、真摯に取り組んでおります。皆様どうぞよろしくお願いいたします。

ph_001
■実績
出版
・僕たちは昔旅をした〈信州名鉄運輸前社長の若き日々の記憶〉(星野慶一著)
・らいてうの姿、ちひろの想い〈平塚らいてうといわさきちひろの句画集〉(飯島ユキ著)
・ワンと鳴くカエル〈信州・根羽村「カエル館」物語〉(山口真一著)
・戦場に輝くベガ〈プラネタリウムから生まれた物語〉(鈴木一美・浅野ひろこ共著)
・日英語のことわざでみる 農耕文化と遊牧文化〈異文化理解教育のために〉(玉井さゆり・大井美友紀・伊原巧)
・担雲亭に住んだひと〈画家・絵本作家 瀬川康男の日乗〉(瀬川朱々子著)
ほか、自費出版・歌集・句集・編集担当書籍多数
チラシ 広告など
株式会社遠藤酒造場様
チラシ、DM、新聞広告、イベント招待状、イベントポスター、のぼり、タペストリーなど
公益財団法人田中本家博物館様
企画展チラシ、ポスター、名刺、チケットなど
一般社団法人長野県自動車整備振興会様
新聞広告、ノベルティなど
WEB
遠藤酒造場様ECサイト(http://www.keiryu.jp/
ホテルJALシティ長野様(http://www.nagano.jalcity.co.jp/
松田・南信 株式会社様(http://www.matsuda-nanshin.jp/

ph_003
——————————————————–
地元のお客様から絶大な信頼を得て、愛されるお仕事を続ける一兎舎さん。
お客様の想いに寄り添い、そのご要望をより良い形(結果)にすべく真剣に取り組む姿勢が魅力です。
現在、東京進出に踏み出されたところです。
出版や印刷物のことでお困りの際は、ぜひお問い合わせを!

 

——————————————————–

株式会社 一兎舎
【出版・編集・取材・企画・デザイン・Web・印刷】
http://www.ittosha.jp/
〒381-0043 長野市吉田2-9-2
Tel.026-219-2233 / Fax.026-219-2088
MAIL : info@ittosha.jp

——————————————————–

PERCHメンバー紹介『漆喰作家 小林奈生』さん

今回はPERCHの新メンバー、『漆喰作家 小林奈生』さんをご紹介いたします。
漆喰を使ったアートワークの製作とデザインへの展開を行っていらっしゃいます。

小林奈生さんにインタビューしてみました。


■皆さんへメッセージ

naokobayashi01

PERCHに新しく入居いたしました小林奈生と申します。
よろしくお願いいたします。

デザイナーとして小さな会社をやりながら、
漆喰という建築材料を使ったアート作品の制作を行っています。

PERCHでは主に作品制作と
デザイン業務をやらせていただきます。

naokobayashi02

naokobayashi03

PERCHに入ってすぐに制作した作品です。
硝子と漆喰を使って、作っています。
■主な活動内容
制作物は、主にヘアサロンやアパレルショップの空間デザインの一部としてご利用いただいております。
お客様とワークショップ形式で制作する場合は、
地方に出張し、泊まり込みで施工することもあります。
抽象画に優しくつつまれるような空間作りを目指しています。

naokobayashi04

naokobayashi05

(copyright:ka na ta様)
デザイン業務ではグラフィックデザインが主で、
最近ではテキスタイルの仕事も多くなりました。
デザインしたグラフィックが大きな布として刷り上がる様や、
プロダクトになることに刺激を感じています。

また、PERCHおよびVector Designの皆様と出会うきっかけを作って下さった、
写真家の池谷友秀さんには大変お世話になっております。
写真をプリントするキャンバスとして、漆喰で土台を作らせていただきました。

naokobayashi06

そして6月にはPERCH内で漆喰ワークショップもさせていただきました。
富山の土を使い、皆で意見を出し合いながら、塗り、磨きました。
ぜひ、触ってみて下さい。

naokobayashi07

naokobayashi08

■最後に
これからも楽しい企画に参加しながら、
この場所で良い仕事が沢山できたらと思っています。
長くなりましたが今後ともよろしくお願いいたします。

——————————————————–

PERCHの壁をぜひ見学にいらしてくださいませ。

また、お店や会社などで漆喰のワークショップを開催したいという方は
是非ご一報くださいませ。

PERCH漆喰ワークショップへのいざない

PERCHにて、漆喰ワークショップを開催しました。

今回のワークショップは楽しみながらPERCHの壁の一部を漆喰に塗り替えるという主旨。
漆喰の先生をお招きし、漆喰のイロハを教えていただきました。
まずはあらかじめ貼っておいた石膏ボードの継ぎ目の溝をパテなどで埋めるところから。
ビスなどの凹み部分もパテで埋めていきます。

13178662_1180827171928720_4809538114001693565_n
そして漆喰の登場。
漆喰の粉に水を加えて練り練り。

13245315_1180827205262050_5611803524361758857_n
楽しそうなPERCHメンバーの池谷さん。
なんだか練った漆喰はアイスのようで美味しそう。

13227075_1180827228595381_8671508941112079114_n
練りあがったら小手などで漆喰をボードの上に塗っていきます。

13244807_1180827375262033_3853716170489443169_n

13139129_1180827235262047_6840236367209704572_n
平らに塗るのは結構難しい様子。
塗り終えた後、乾かしてサンダーで表面を平らにしました。

二度塗りするので表面に接着剤を塗っておきます。

13232893_1180847031926734_1413179705292255286_n
続いては色をつけるための漆喰作り。

13226778_1185711088106995_3870086106358630338_n
今回は漆喰に砂を加えて色を調節しました。
練りあがったら白漆喰の上から塗っていきます。

13256117_1185711084773662_3451544325552667209_n
塗り終わったら半乾きになるまで待機。

そして半乾き位になったところで、「磨き」作業に入ります。
軍手をして手で漆喰をこするのです。

そうすることで表面にツヤが出たり平らになったり良いことずくめ。

13240144_1186596884685082_708658475896217934_n

磨きが終わったら、秘密兵器…オリーブオイルで仕上げです。
撥水効果とツヤ出しに良いそうな。

軍手に染みこませて手でオリーブオイルを塗り塗り。

乾いたら完成です!!

13221728_1186596891351748_5417211772639497952_n

ンッンーとても味わい深い雰囲気になりましたなあ。

表面もオリーブオイルと磨きの効果でまばゆいくらいにツヤツヤ。
手触りも非常に良いです。

13220918_1186596908018413_7765843402178177807_n

気になる方は、ぜひ漆喰壁を見学にPERCHまでいらしてくださいまし。
また、漆喰を塗りたいオフィスなどございましたら漆喰師匠と参上しますのでお声掛けを(笑)

THE 納豆会

 

PERCHにて、納豆をこれでもかと堪能する会を開催しました。
参加者の皆様方が色々な種類の納豆を持ち寄ってくださいました。

nattoukai001

 

わら納豆に黒豆納豆、食べるラー油納豆にわさび納豆などなど
シンプルなものから飛び道具なものまで幅広く集結。

nattoukai002

 

弊社が誇る15号炊き炊飯器をフル活用して白米を準備。

nattoukai007

さらに後方支援の機体として、なめこ汁も配備。万全ですなこれで。

nattoukai009

準備が整ったところで、納豆会スタート!!

この一瞬、PERCHは納豆をかき混ぜる音だけがこだまする奇妙な空間に(笑)

nattoukai003

 

そして各々が思い思いの納豆を白米にライドオン。

nattoukai010

 

PERCHメンバーの写真家 池谷友秀さんが納豆を食べる貴重な一枚。

nattoukai012

ひじき納豆が案外おいしい。

nattoukai011

中盤、納豆トーストも登場。

nattoukai013

ハチミツをかけて焼きます。
思いのほか美味しいんです。これ。

 

nattoukai008

「あ、これ美味しい」
「えっ?どれどれ?」

ワイワイしながら納豆を堪能しました。

映画鑑賞会~戦うおじいちゃん~

和室で映画鑑賞会を催しました!

おいしいサンドウィッチをつまみながら、ビールやコーラ片手に
のんびり畳に座って映画を見る・・・幸せな時間です。
今回の作品は、ロンドンを舞台に主人公の若者と
近所に住むおじいちゃんおばあちゃん達が
敵と激戦を繰り広げるお話。

とにかくおじいちゃんがかカッコイイんです!ダンディ!!
戦うおじいちゃんにメロメロです。

eiga5

eiga4

ということで、素晴らしいゾンビ映画でした。
コメディー要素がたっぷりで非常に楽しめました!

ゾンビ映画好きにも、コメディ映画好きにもおすすめの一本でした~

PERCHリノベーション!

PERCHの床の、、、、、

>ビフォア写真

_DSC0153-1

_DSC0183
床材を丸っとリニューアル!

>アフター写真

perchafter004

perchafter009

perchafter001

今回は、強力なプロフェッショナル達が、富山から夜通しはるばる やって来てくれました!

家具職人さんがお二人に、ログハウス職人さんがお二人。
なんとも豪華なメンバーです。

その腕前、三日かかると想定された工事を一日で終了。
しかも仕上がりの美しさと言ったらもう!

kouji201608

kouji201610

プロの技術を目の当たりに。
目にもとまらぬ早さで床材が組まれて行きます。
小屋の中も。

kouji201611

実は今回利用した木材も、富山から届きました。
なんと廃材をリサイクル。

PERCHメンバーの皆さんにも、
「明るくて開放感がアップした」
「木の良い匂いに癒やされる」
など、ご好評をいただいております。

perchafter007

今はまだ張り立てで真新しく少しよそよそしい感じですが、
時間経過とともに使用感が出て色濃くなり、
よりPERCHのリラックスした雰囲気に馴染んでいくとのこと。
その過程もとても楽しみです。
これは余談ですが…
移動した家具や機材の片付けは、工事日数の倍かかったそうです(笑)

新年会2016開催!

先月、少し遅めの新年会を開催いたしました。
ただ飲んで食べるだけではなく、お題を設けております。
今回のテーマは「自分たちでわいわい作って、わいわい食べるDIYな新年会」
shinnennkai2016-5
自分達で準備した温かな料理でおもてなししたり、
それぞれが持ち寄った手土産をつまみながらお喋りしたり。
そこから生まれる新しい人の輪をつなげちゃおう!と言う趣向の手作り新年会。
メインのお料理は、PERCHメンバー、カメラマン池谷さんと
アップウィル代表の主原さんが中心となり、準備してくださいました。
早めにいらした参加の皆さまお手伝いの元、続々と美味しそうなお料理が完成していきます。
shinnennkai2016-4
shinnennkai2016-9
池谷さん作のイタリアン。
ご存じの方ももう多いと思いますが、池谷さんは元イタリアンシェフ。
さすがのプロ仕事!参加者からは良い意味でのどよめきが上がります。
shinnennkai2016-2
なんとデザートまで!
マスカルポーネチーズの濃厚さにオレンジの爽やかさ、ドライフルーツがアクセントを添えて・・・
まさに逸品!
shinnennkai2016-10
主原さんはとろけるような湯豆腐を!
なんでも、秘密の白い粉(重曹)をふりかけるだけで、絶品のとろとろ豆腐になるのだそう。
湯豆腐のはずなのに、豆乳鍋を食べているような感覚。
ほっとする穏やかな美味しさに、皆の表情もゆるみます。
shinnennkai2016-12
また、参加者の皆様にはあらかじめお声がけさせていただき、
一品お料理やお酒、デザートなどの持ち寄りをお願いしておりました。
手作りパンに珍しい蜜柑、ワインやチョコブラウニーなどなど・・・予想以上に沢山の一品が集結。
美しい花に、花器をセットでお持ち下さった方も!
shinnennkai2016-13
殊に珍しかったのがこちら。
ユーコン川サーモンの瓶詰めとバッファロー肉の缶詰。
サーモンは燻製の良い香りが印象的。
バッファロー肉は野趣溢れるお味で、それぞれ楽しませていただました!
shinnennkai2016-1
あまりの珍しさに撮影する方々(笑)
shinnennkai2016-15
 
株式会社メディアリンクの阿久根さんからは、岩手の採れたて生牡蠣が届きました。
ご自身で牡蠣を剥く凛々しいお姿に感激。
そのうえ、生食だけでなく、蒸し牡蠣にして皆様に振舞ってくださるエンターテイナーっぷり。
shinnennkai2016-3
牡蠣のお味はジューシーかつプリプリで新鮮そのものでした!!間野さんご夫妻によるタコ焼きとアヒージョの屋台も出店。
これまた特別な白い粉(秘蔵のタコ焼き粉)で作ったタコ焼きは、濃厚な味わい。
焼きのテクニックもかなりのもの。
あまりの速さにタコ焼きの残像が見えたような(笑)

中盤には、弊社より今年の年賀状で皆様にお知らせした、
都会と地方・・UターンやIターンではなくハイブリッドな暮らしを模索する
「プロジェクト2020」についての発表をさせていただく場面も。

それぞれに、初めてお顔を合わせた方々も多数いらっしゃいましたが、
美味しい手料理や持ち寄っていただいた一品をきっかけに、いつの間にか大盛り上がり。

shinnennkai2016-16
shinnennkai2016-17
こういった形のパーティは弊社でも初の試み。
開催直前まではドキドキでしたが、人と人との輪が繋がって行く光景を目の当たりにできて、
とても幸せな気持ちになりました。
ご参加いただいた皆様、多大なるご協力ありがとうございました!!

和室で開催たこ焼きパーティー

弊社和室にて、タコ焼きパーティーを開催しました!

tako07

PERCHメンバーの皆さんもご一緒に、これでもかとタコ焼きを量産。
中盤戦からはタコだけでなく、キムチなど変わり種も投入。

tako01

新人スタッフがも挑戦!クルクルと竹串でタコ焼きをひっくり返します。

tako05

タコ焼き作りは初めてとのこと。最初はおぼつかない様子でしたが、後半からぐんぐんと上達、屋台で働けるのでは?くらいの腕前に!

PERCHメンバーさんからお土産にいただいた、自身と同名の日本酒を抱く社長(笑)
もちろんこちらも美味しくいただきました。

tako06

tako03

あつあつのタコ焼きをみんなで楽しく頬張れば、心もお腹も温まってなんとも幸せなひと時なのでした。

「Media Butterfly in Arita 2nd seson」盛況です!

前回掲載の記事にて紹介させていただいた、
「Media Butterfly in Arita 2nd seson」
今年も盛況とのこと!

_DSC3794

ベクターデザインで展示をお手伝いさせていただいた
波佐見会場・飯盛雅子氏の作品「Light_Seeing ― 憶い出の憩うところ―」が
facebookページにて動画で紹介されておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.facebook.com/mediabutterflysaga/

_DSC3809  _DSC3782

_DSC3789_DSC3791

また、大人から子どもまで幅広く楽しめるワークショップや

イベントの様子なども、たくさんの笑顔と共に掲載されております。

有田・武雄・波佐見の町で、その伝統や歴史を感じながら
メディアアートの世界を堪能できる素晴らしいイベントでした。

「Media Butterfly in Arita」 2nd seson
会期 : 2015年10月31日(土)~11月23日(月)
http://www.sagamb.jp/

Media Butterfly in Arita 2nd sesonで展示のお手伝いをしました

mediabutterflypos001

ベクターデザインは、佐賀県有田町で現在開催中のメディアアート展覧会、
「Media Butterfly in Arita」内、波佐見会場のモンネポルトにて、
飯盛雅子氏の展示「Light_Seeing ― 憶い出の憩うところ―」をお手伝いしています。

ヤマガミユキヒロ氏のキャンバス・プロジェクションや
イギリスから参加のアーティストによる、
ペーパークラフトを使ったプロジェクションマッピングなど、
世界的な映像アートの革新者達による作品群を、各会場で堪能できます。

また、ワークショップやインタラクティブな作品も多数揃い、
会期中は大人からこどもまで、年齢を問わず楽しめるコンテンツがいっぱいです!

さらに、磁石(粘土)の採石場跡地「泉山磁石場」では、巨大な磁石の岩壁をスクリーンに、
こども達やアーティストの絵を描き出す、大規模なプロジェクションマッピングが行われます。

皆さま、ぜひこの機会に、有田・武雄・波佐見の町をぶらり散策しながら、
幻想的なものから最先端のものまで、様々なメディアアートをお楽しみください。

「Media Butterfly in Arita」 2nd seson
会期 : 2015年10月31日(土)~11月23日(月)
http://www.sagamb.jp/