PERCHから、ごあいさつ


PERCH

「人が集まって、その人たちがお互いに助け合えたり、新しいビジネスが生まれるような場所…長屋を作りたい」

この話を私が梅澤さんから聞いたのは2010年のことだったと記憶しています。

当時、まだ高円寺の風呂無し4畳半のボロアパートに住んでいた私は、この面白そうな話にわくわくしていましたが、正直あまりピンときませんでした。
(ずっと劇団員だった私は、そもそも社会の仕組みを分かってないのでビジネスって言われても何だかよくわからなかったのです…)

その後、梅澤さんにお誘い頂き、2011年にベクターデザインに入社。
あっという間に2年の月日が経ち、仕事やビジネスについて思うこともいろいろ出てきた頃、増床の話が出ました。
会社がお借りしていたミサワビルの3階フロア、明治通り側の部屋が空いたため、壁を抜いて広げてしまおう!という計画が持ち上がったのです。
社員の数に対しては広すぎるスペースでしたが、「長屋」を作る場所にはぴったりのスペースでした。

「長屋を作る」という思いが、現実のものになる…
以前と同じように、私はわくわくしました。
今回は、以前よりもずっと具体的に、わくわくしていました。

3ヶ月あまりの工事期間を経て、2013年5月、「PERCH(パーチ)」と名付けられたこの場所がうまれました。


いま、PERCHにはデザイナーやアートディレクター、ライター、イベントオーガナイザー、はたまた保険の代理店の方まで、多種多様の方々が集まってくれています。
思い描いていた「長屋」の中で交流が生まれ、新しいビジネスも始まってきています。
しかし、まだまだPERCHは生まれたばかり。
これからこの場所がどんな成長をしていくのか、私自身も楽しみです。

このブログでは、PERCHやベクターデザインに関わる人たちのこと、新しいビジネスや技術の話、近況のご報告など、さまざまなことを書き留める場所として、皆様にご紹介しようと思います。
TwitterやFacebookでもおしらせしますので、気が向いたときには是非チェックしてみてください!

それでは、また。

ベクターデザイン PERCH事業部 事業部長 間野健介